第269回 例会

本日の例会は、台風が残していった暑さにも負けず、活気に満ちあふれていました。

例会は、入会式から始まります。大阪生まれのTNさんが入会されました。新橋の入会ラッシュはまだまだ続きます。

本日のTMOE(Toast Masters of the Evening)こと例会の司会・進行はYMさんでした。落ち着いた進行で、抜群のタイムマネージメントでした。

「今日のことば」はMSさんが選んだ「うたかた」。
漢字では「泡沫」と書く、儚くも美しい大和言葉です。
例会を通して、たくさんの「うたかた」を聴くことができました。 まずは、即興スピーチのテーブルトピックス(TT)です。カジュアルスタイルのKSさんがテーブルトピックス・マスターとなり、「いったい、どっちなんだい!」をテーマに5つのお題を出しました。スピーカーひとりひとりが、個性ある即興スピーチを繰り広げました。

次は、準備スピーチです。新人からベテランまで、4人のスピーカーが挑戦しました

「1972」:TAさん

幼少期のエピソードを中心に、70年代生まれの聴衆の心を鷲づかみにするアイスブレイクを披露してくれました。メンバーとの距離が一気に縮まりました。

「新橋、トーストマスター」:SBさん 

ある出来事から、遠ざかっていた「新橋」と「トーストマスター」。数年ぶりの邂逅が、新しい絆をつくりました。思わずウルっとくる感動的なスピーチでした。

「私が山にいる理由」:OZさん 

趣味の山登りを魅力たっぷりに語ってくれました。「死ぬまでに一度は剱岳に登ってみたい!」と、ワクワクさせられるスピーチでした。

「トーストマスターズクラブの楽しみ方(中級編)」:HMさん

トーストマスターズの魅力を体現するHMさん。他クラブスピーチやクラブ運営への参加 で、もっとトーストマスターズを楽しめる!と熱弁してくれました。

スピーカーへの尊敬が込められた的確な論評が続きました。

SNさん (話に引き込まれすぎて撮り逃し)「尾崎豊、芳村真理」

ABさん「新橋メンバーへの感謝

OTさん「高尾山に登ってみたい」

MEさん(愛に包まれすぎて写真撮り逃し)
「トーストマスターズの伝道師」 例会の締めくくり。総合論評のYSさんは、注意深い観察から愛に溢れたツッコミを次々に繰り出します。最後まで笑いに包まれた例会でした。

そして本日の結果

ベストテーブルトピックス賞: MSさん

ベスト論評賞:        SNさん  

ベストスピーカー賞:    SBさん  

新橋トーストマスターズクラブは、新しい風を歓迎しています。

第2第4火曜日は、新橋トーストマスターズクラブに遊びにきませんか?

第268回例会

厳しい残暑が少し和らいできた8月27日、MR会長の有名人(元N自動車会長C.G.)を見た!という驚きの話題で第268回例会が始まりました。

<入会式>
本日、上品な雰囲気のADさんが入会されました!
7月から毎回入会式を行なっている新橋クラブ。
新人さんたちの勢いがすごいです!

<TMOE>
本日のTMOEは、初めてTMOEを務めるHRGさん。初めてとは思えない、落ち着きのある安定したTMOEぶりを発揮していました!
学んだことを再現できて初めて自分の身になる。頭で分かっていても、いざやるとなると「何してたっけ?」と分からなくなるもの。
「再現する場」としてトーストマスターズは打って付けです!

<今夜の言葉>
今夜の言葉の担当は、MHRさん。選んだ言葉は、「さながら(宛ら)」
意味は「…のような」「…にそっくり」
キャスター「さながら」にお話いただきました!

<役割紹介>
計時係はNKMRさん、集計係はSNHRさん、えーとカウンターはSBTさん、文法係はOTMさんでした。
みなさん、ご自身の個性を十分に発揮された分かりやすく為になる役割紹介でした。

<テーブルトピックス>
本日のTTマスターはダブルロールのMHRさん。
アメリカのトークショー「Steve Harvey Talk Show」をもとにお題を出していただきました。

「自分の長所と短所」:ARKさん
「人生をやり直せるとしたら何をする?」:STさん
「人生で最も感謝していること」:NKMRさん
「空いた時間をどう過ごす?」:OKMTさん

<準備スピーチ>
「お酒の失敗−俺みたいになるな!!」:MSDさん
過去3回のお酒の飲み過ぎによる失敗をユーモアを交えてお話いただきました。
飲み過ぎによって失うリスクのある3つのもの。その3つは人生においてあまりにも大きいもの。
たった1回の失敗で全て失うなんて恐ろしいです。
皆さん、飲み過ぎ注意ですよ!

「AI時代の到来とTMC」:KRさん
すでに迎えつつあるAI(人工知能)時代。人間の仕事がAIに奪われ始めている。
そんな時代にトーストマスターズはどんな意味があるのか。
トーストマスターズではAIが苦手な人間のみが出来る能力を磨くことができる、
AI時代に対する武器となる、ということを熱く語っていただきました。

「まさかの2ヶ月」:OASさん
野球が大好きなOASさん。不覚にもその野球で手指を骨折してしまった。
全治2ヶ月。よりによって10連休が始まる時に!夏休みに楽しみにしていた
あれやこれやが出来ないし、日常生活が不自由極まりない・・・情けない。
でも気づかされることもあった。何ともない今までの日々に感謝したい。
情景が見えるような、情感溢れるスピーチをしていただきました。

「心晴日和(こはるびより)」:OTBさん
上級マニュアルの朗読のスピーチをしていただきました。
ここは消防通報センター。火災現場の最前線で活躍したかった私は配属に不満を持ちながら日々仕事をしていた。
ある日受けた1つの通報。初めは「またいたずらか!」と思っていたが、何やら様子が違う…。
通報者の救出までの緊迫した状況を、まるでその現場を見ているような、臨場感たっぷりに朗読していただきました。

<論評>
MSDさん ← STさん
KRさん ← MYWKさん
OASさん ← MRさん
OTBさん ← YSさん

皆さん、スピーカーの特徴をよく捉えて、具体的で的確な論評をされていました!

<総合論評>
本日の総合論評はSBさん。その人の特徴を「まるで何々のよう」と例えを使って分かりやすく伝えて頂きました。
論評者には良い点だけではなく改善点も伝えていて、例会をしっかりと観察しているからこその総合論評をしていただきました。

<受賞者発表>
ベストテーブルトピックス賞:NKMRさん
ベスト論評賞:MYWKさん
ベストスピーカー賞:OTBさん

最後に元会員だったARKさんから再入会の宣言を頂きました!
どんどんメンバーが増えている新橋クラブ。
あなたもぜひ参加してみませんか?

第267回 例会

真夏真っ盛り!納涼例会

今例会は涼しげな浴衣姿のMさんがTMOEを務めていただきました。

1回目の見学から入会宣言予約をした勢いのあるKさんの例会式から始まりました!!

役割紹介では役割の皆さんの「暑さ対策」をシェアしてもらいながらわかりやすく丁寧な説明でした。

====準備スピーチ==== 

1人目は今例会入会式をしたKさん

ご自身がトーストマスターズクラブに対する期待と決意を熱くお話しただきました!

2人目のスピーカーはNさん

色が持つイメージは今と昔じゃ全然違うことや、色についての知識が増えるとっても高貴なスピーチでした^^

3人目のスピーカーは前会長Hさん  *ベストスピーチ賞*

前のスピーカーのネタを自分のスピーチにも即興で盛り込んでしまう、すご技を交えながら新橋TMCに入った時の心境やそれから8年、前期会長をしていたことをまっすぐに伝えてくれました。

――――駄菓子を食べながら休憩――――

====論評=====

総合論評いつも元気!SNHさん

細い部分までよく見ていて的確な総合論評をしていただきました!

Kさんに対する論評SBTさん  *ベスト論評賞*

自分の仕事内容を含め、すごく共感をした!!!伝えてくれてありがとう!とこの組合せはぴったりだ!と言わんばかりのKさんが伝えたかったことをさらにSBTさんが補填するような形でピシッとしまった論評でした。

Nさんに対する論評SBYさん

初めての論評おめでとうございます。

しっかりと自分の言葉でスピーチの振り返り、いい点そして“伸びしろ”をNさんにまっすぐに伝わる論評でした!

Hさんに対する論評Aさん

新橋OB!論評のAと言われていたAさんの5年ぶりの論評でした。

タイムオーバーはしてしまったものの、内容や視点はとっても素晴らしいものでした!

====ワークショップ=====

『バズる!スピーチの作り方』をTさんが講師としてワークショップがありました。

バズる=印象を残す

バリュープロポジションや真実の瞬間の実例をもとに進めながら、何がどうしたらバズるスピーチにになるのか、視覚情報・言語情報・聴覚情報が全てバシッとバランスが取れたものばバズるスピーチになるという内容でした。

ワークショップの最後ではテーブルトピックス方式で参加者がいつものスピーチにひとひねりを加えどの部分がバズる要素かを意識しながらスピーチをしていました。

見せ方も内容も全てが合致してバズるスピーチを生み出してやるぞ!ととてもワクワクしたワークショップでした。

入会式やワークショップなど盛りだくさんの内容でタイムスケジュール管理が難しかった例会でしたが、TMOEのKさんのスマートな進行のおかげで今例会も定刻で終了しました。

次の例会は8月27日(火)19:00~21:00

@生涯学習センターばるーん 303号室にて通常例会が開催されます。皆さんお気軽いらしてみてくださいね!

第266回例会

本日は、トーストマスターズの新年(7月)が始まって2回目の例会となりました。

今回の例会は、入会式で始まり入会宣言で終了しました。幸先がいいです。

ジメジメした日が続いていていますが、今回もここ新橋ばるーんは笑いと活気に包まれ、爽快気分にさせてくれた例会でした。

本日のTMOE(Toast Masters of the Evening)こと例会の司会・進行はSAさんでした。事前の準備もしっかりタイムマネージメントばっちりの進行でした。

「今日のことば」はMIさんが「ゆかしい」という言葉を選んでくれました。

「上品でおくゆかしい」という気品の高いあるきれいな言葉です。普段の新橋クラブの雰囲気、または土地柄とはかけ離れていてよそ行き感のある言葉でした。

みなさんそれぞれ工夫して使っていました。

今回のテーブルトピックスマスターは、悩みの多いお年頃のSNさん。

テーブルトピックスでは、お題を振られ当てられた人は即興で3分ほどのスピーチをします。SNさん、自分の悩み(?)を誰かに解決してもらおうと、ディベート形式でお題をだしました。

そして、SNさんの判定は?    「甲乙つけるな!与えられた状況に感謝しよう!」  でした。SNさんのお悩みが、解決できてよかったです。(笑)

例会のメインイベント。今回は次の4本の素晴らしいスピーチが披露されました。

  • 「雑草力」:MAさん 

初めてのスピーチとは思えない堂々としたアイスブレークを披露してくれたMAさんでした。追い詰められたとき、次のステップを踏むことの大切さを教えてくれました。

  • 「かかしと呼ばれて」:OKさん 

昭和生まれの元祖キラキラネーム✨

珍しい名前であるが故に、漢字の説明が面倒、ちゃんと呼んでもらえない。好きになれない。

でも、「元気に強く育って欲しい」というお祖母さんの思いがこもっていることを知り見方が変わった。それまでの体験を面白おかしく表現してくれました。

  • 「意外な自分」:Yさん 

会社の研修で知った4つのタイプ。

「コントローラー」「プロモーター」「アナライザー」「サポーター」

奥ゆかしいとか優しい人といわれる自分は絶対「サポーター」タイプ。

なのに、コントローラータイプ!?あり得ない!

周りに聞けば聞くほど、自分が思っていた「自分」と周りが見ていた「自分」は違っていた!

  • 「チェンジマネージメント」:HIさん 

業務改善管理。これを家庭で実践してみた!?

その効果としてご主人が自ら料理に参加してくれるようになったそうです。そして、体重も3キロ減!

仕事で培ったスキルを家庭で使ってみた楽しいエピソードでした。

論評の部 冷静に例会全体を振り返っていただいたのはベテランのAさんでした。

今回も、論評者のみなさんの温かい(良い点)そして鋭い(改善点)、コメントがスピーカーにとっての素晴らしいエネルギーになりました。

そして本日の結果

ベストテーブルトピックス賞: OHさん  冬!

ベスト論評賞:        HAさん  MAさんの論評

ベストスピーカー賞:     OTさん  「かかしと呼ばれて」

例会の最後には7人のゲストさんから感想と、お二人から入会宣言をいただきました!

新橋トーストマスターズクラブは、ベテランの多い安定したクラブですが、たくさんの新しいメンバーも入会していて、新しい風を歓迎しています。


第2第4火曜日は、新橋トーストマスターズクラブに遊びにきませんか?

第265回 例会


トーストマスターズの年度は7月から始まります。本日は、新年度第1回の例会となりました。新会長のM会長の挨拶で例会が始まりました。

また、新年度第1回の例会で、新入会員の入会式が行われました。これは幸先がいいですね!

そして、本日のTMOE(司会)は、ベテランのTさんです。

まずは、即興スピーチであるテーブルトピックス(TT)から。前会長のHさんがテーブルトピックス・マスターとなり、お題を出します。今回のお題は、新機軸の「カラオケTT」。プロジェクタに40秒ごとに映し出される画像に沿ってスピーチを進めていきます。皆さん悪戦苦闘しながらも楽しいスピーチ―を披露されていました。

次は、スピーチの王道「準備スピーチ」です。本日は4人のメンバーが挑戦しました。準備スピーチは、自分の選んだコースによって目的が変わってきます。

休憩の後は、論評の部です。4人の準備スピーチに対して、4人の論評者が的確で励みになる論評をしていました。素晴らしい論評は素晴らしいスピーカーを育てます。

最後に、ベストテーブルトピックス賞、ベスト論評賞、ベストスピーカー賞が決まりました。おめでとうございます!

楽しくスピーチを学びたい方は、新橋トーストマスターズをどうぞ!

第264回例会

今日の例会は、満員御礼で座る椅子がなくなるほどの参加者があり、熱気ムンムンで始まりました。今夜の TMOEは今期教育担当副会長を務めたMさんです。
今期最後の例会を元気に盛り上げてくれました。

今夜の言葉は当日急遽代役を引き受けてくれたSさんによる「モリモリ」。みなさん良く使ってくれました。
お次は準備スピーチ。準備スピーチ1はOさんによる「アルプス一万尺」。自分自身の登山経験をパワーポイントを華麗に操りながら鮮やかにスピーチしてくれました。

準備スピーチ2はOさんによる「放課後アゲイン」。学生時代の友達と大人の放課後の過ごし方をスピーチしてくれました。

準備スピーチ3は前期会長のIさんによる「忘れ物」。全国大会のコンテスト委員長の大役をこなしたIさん。その経験は、大きなプレゼントになったようです。

休憩を挟んでの総合論評。何でも華麗にこなす新橋のスター、Mさんの登場です。

論評者3名とも、スピーカーの励みになるような素晴らしい論評でした。

皆さんとっても良い笑顔! 激戦を制した受賞者の皆さん、おめでとうございます。

さてここからは、毎年恒例の年間表彰に移ります。1年間で最も多くのベスト賞を取った方の表彰です。

・年間ベストテーブルトピックス賞

・年間ベスト論評賞

・年間ベストスピーカー賞・最も印象に残ったスピーチ賞・教育賞達成者、特別賞他、受賞者のみなさんおめでとうございます。

さて次ぎは来年度の役員就任式です。毎年この時期に特に際立って実感するのはいかに新橋が素晴らしい人材の宝庫だということ!今回も錚々たる顔ぶれです。Uエリアネージャーによる就任式が無事終わりました。

この場にいるだけで元気が出るような、内容盛りだくさん&活気たっぷりの2時間でした。是非見学にお越しください。

第263回 例会

梅雨入りして不安定な天気が続いている6月11日、H野会長の湿気の多い季節ならではの話題で第263回例会が始まりました。

<TMOE>

本日のTMOEは、いつも元気!溌剌としたY江さん。スピーディ&フレキシブルに例会をコントロールして頂きました。

<今夜の言葉>

今夜の言葉の担当は、その佇まいや紡ぎ出される言葉がまるでベテランアナウンサーのようなK原さん。選んだ言葉は、

「頗る(すこぶる)」「頗るつきの(すこぶるつきの)」

漢字を見たときは「読めない、難しそう…」なんて思いましたが、読みと意味を聞いて、これは使いやすそう!と。

多くの方々が使っていました。上級編の使い方も教えて頂き、大変勉強になりました!

<役割紹介>

計時係はO江さん、集計係はS田さん、えーとカウンターはH野さん、文法係はS原さんでした。

素晴らしい実力の持ち主ばかり。役割説明も時事ネタ等織り交ぜた熟練技の効いたスピーチとなっていました。

<テーブルトピックス>

本日のTTマスターは親しみやすさの中にも凛とした強さを感じるS蒲さん。

ご自身の最近の悩みなど身近なお題を出して頂きました。

「テレビ付きのPCを買うか別々に買うか」:O坪さん

「テレビのない生活になったらどうする?」:O芦さん

「最近気になったニュース」:I垣さん

「一番の得意料理とその理由」:S田さん

「時間の経過によって成長したこと」:S藤さん

「感情を抑えるシチュエーション」:O澤

時間がいつもより多めにあり、その分お題をたくさん出して頂きました。

投票の時間には場をつなぐためにTMOEのY江さんが、初めのお題に答えたい!と自ら即興スピーチ。

お二人のフレキシブルな対応にはさすが!と唸りました。

<準備スピーチ>

「「やらされ感」のある仕事を「やりがい」のある仕事に変える2つの質問 」:S谷さん

最近の話題から始まり、仕事の話へつなげていく構成がとても心地よく、自然とS谷さんの世界に没入。

幸福学を盛り込んで科学的根拠を持たせたり、ディズニーランドのお仕事の例を上げることでスピーチに説得力が増していました。

「2つの質問」を実践してみようと思います!

「エリちゃん 」:H(MI)さん

H(MI)さんのお友達のお話。バイタリティのある強烈な印象のエリちゃん。H(MI)さん曰く、その行動は「ぶっ飛んでいる!」。

でもいつしか大きな影響を与えてくれて、ロールモデルとなった。

聞いているだけでも「やりたいことをやってみよう!」と前向きな気持ちになれるスピーチでした。

「ストレスと向き合う唯一の方法」:H房さん

ストレスという現代に生きる私たちには切っても切り離せない話題。タイトルだけで「ぜひ聞きたい!」と。

筋肉の例えがとても分かりやすく、一つ一つ納得しながらストレスの捉え方を学ばせて頂きました。

スピーチの例のくだりでは会場中から感嘆の声がもれていました。

「駅伝と私」:A坂さん

過去を振り返ってみて、誰もが「あーしておけば良かった!」と思うことが一つや二つあるはず。

A坂さんにとって、それは「駅伝」。今でもモヤモヤして答えは出ないけれど、それを糧にしている。

語り口が頗る柔らかで耳心地の良いスピーチでした。

<論評>

S谷さん → O坪さん

H(MI)さん → S藤さん

H房さん → O芦さん

A坂さん → T橋さん

今回のスピーチは情報を与えるスピーチや説得させるスピーチ、ストーリーテリングなど、様々な形式のスピーチでしたが、

皆さん、スピーカーの特徴をよく捉えて的確に論評をされていました。

<総合論評>

本日の総合論評は現教育担当副会長、そして次期会長のM(K)さん。

優しさと厳しさのバランスが絶妙なM(K)さんならではの視点で論評をされていました。

<受賞者発表>

ベストテーブルトピックス賞:S田さん

ベスト論評賞:T橋さん

ベストスピーカー賞:H(MI)さん

次回は、今期最後の例会。年に1回だけの新役員就任式もあります。

あなたのご参加をお待ちしています! >

第262回 例会

今夜の TMOEは今話題のこの方!5月の日本語スピーチ大会で全国1位に輝いたSさんです!
新橋でのTMOEは初とのことですが、機転の効いたコメントと時間を意識した進行が素晴らしかったです。

Hさんによる今夜の言葉は「誘(いざな)い」。話で聴衆を色々な場所に連れて行くスピーチ自体、まさに「誘い」そのものですよね。皆さんかなり積極的に使われていました。

テーブルトピックスは当日急遽代役を引き受けてくれたSさんです。
難易度高めのトピックスでしたが、スピーカーの皆さん本当にお上手でした!

  • 頭が真っ白になった時どうする?→Tさん
  • 外せない予定があるけど疲れがピーク。さてどうする?→他クラブからのゲストOさん
  • 変化せざるを得ない時、どんなことを考えるか。→他クラブからのゲストUさん


お次は準備スピーチ。

準備スピーチ1はKさんによる「グレート・ジャーニー」。ゴールデンウィークにどこにも行かなかった自分と20年万年前からのホモ・サピエンスの動きを対比させ、スケールの大きさに関わらず始終聴衆の興味を惹きつける、見事な仕上がりでした。

準備スピーチ2はMさんによる「私の学び」。プロジェクトはPATHWAY Sの1アイスブレーカー、全国大会実行委員長としての経験を振り返りました。「70:20:10」の法則、皆さんご存知ですか?仕事にも日々の生活にも役立ちそうです。

準備スピーチ3は今期会長Hさんによる「孤独な時間」。突然「友達100人できるかな」を大きな声で歌い出したと思ったら、これまでのHさんの他者とのコミュニケーションの取り方の傾向、そして人に合わせるのではなく自分の中に強い芯を持つことが大事、といったリーダーシップ論にまで話が及びました。深い!

休憩を挟んでの総合論評。新橋の父、Oさん登場です。

論評者3名とも、スピーカーの励みになるような素晴らしい論評でした。


皆さんとっても良い笑顔!

激戦を制した受賞者の皆さん、おめでとうございます。

さてここからは来年度の役員選挙。毎年この時期に特に際立って実感するのはいかに新橋が素晴らしい人材の宝庫だということ!今回も錚々たる顔ぶれです。終始笑いが絶えない、エネルギッシュな時間でした。

応援演説も立候補者本人も、皆さん伝えたいことが多すぎてついつい時間オーバーになりがち。そんな時に計時係のIさんは温かい拍手でさりげなく時間であるということを伝えます。そんな小さな工夫からも思いやりを感じます。

<会長候補Mさんと、Mさんによる応援演説>

「面白そうなこと全部やってみたい!」というMさんの心の姿勢が会長に適任、という推薦でした。Mさん自身は新橋TMCに入会することになった経緯を振り返り、一番下から皆さんを支えたい、という決意表明。

<教育係副会長候補Yさんと、Eさんによる応援演説>

Yさんが秘書役だった時に発揮した彼女の能アイディアの豊富さと工夫する力がEさんの推薦ポイント。Yさん自身は新橋への恩返しをしたい、やるべきところは抑えつつふわふわーっとした雰囲気にしたいと語りました。

<会員担当副会長候補Yさんと、Hさんによる応援演説>

全国大会の時にYさんの見せたさりげない優しさと気配り力がHさんの推薦ポイント。Yさんは新橋TMCで素晴らしい仲間と出会えた事へ自分の「雰囲気、優しげ」というチャームポイントを生かしたいと語りました。

<広報担当候補Oさんと、Tさんによる応援演説>

TさんとOさんの出会いはなんと、アメリカの大学院時代に遡ります。Oさんのブランド価値を上げる表現力と段取り力そして責任感の強さが推薦ポイントだそうです。Oさんは街頭演説風にマイクを携えて登場! 「会員皆がきっと思っている”誰かを誘ってみたい”を形にして外部に発信していきます」と決意表明。

<秘書役候補Oさんと、Hさんによる応援演説>
リーダーシップを学びたいというOさんの積極的な姿勢と、そんなOさんを全力で推薦しますという力強い応援スピーチでした。

<会計係候補Sさんと、Oさんによる応援演説>

Sさんはスピーチこそしませんが(笑)新橋TMCを支えてくれているベテランさんです。新橋の母Oさんのお墨付きのSさんは、数字にも強いそうです。来年の新橋もこれで安泰ですね!

<会場係候補Sさんと、Oさんによる応援演説>
最後を飾るのはOさんの絶妙な辛口応援スピーチと、Sさんの強烈な立候補スピーチでした!どちらも個性豊かで

聴衆を虜にするスピーチでした。

役員が決まり、来年度もパワフルで楽しい新橋TMCになりそうです!

この場にいるだけで元気が出るような、内容盛りだくさん&活気たっぷりの2時間でした。

是非見学にお越しください。 i

第261回 例会


平成31年5月14日。令和初の例会は、SBYさんの入会式という晴れがましいイベントからスタートしました。

今回のTMOEはEさん。安定感とユーモアに溢れた語り口でテンポよく全体を進行。今日の言葉「挑戦」の紹介で、改元という節目の例会に相応しい、清々しいオープニングを飾りました。

役割は今回兼務が多い中、安定感溢れる布陣。計時係THSさん、集計係とえーとカウンターSTOさん、文法係・記録係はKHRさん。

テーブルトピックスマスターは初アサイン、OZWさん。やや緊張した面持ちではありましたがタイムリーな話題満載のテーブルトピックスを展開しました。

  1. チャレンジしたいこと、やりたいこと:MWKさん
  2. 引越しのこだわり:KSさん
  3. 「これなら並んでもよい」と思うもの:THSさん
  4. 忘れないための裏技:SGRさん

準備スピーチは以下の4本でした。

  • 「憧れの伸介にーやん」:SBYさん

アイスブレーカーとは思えないような滑らかな語り口に、感嘆の声頻り。入会の動機やこれから目指すスピーカー像をお話しいただきました。これからの活躍が楽しみになる入会初のスピーチでした。

  • 「バランスの取れた国」:HRGさん

安定感溢れる語り口で、リトアニアという聞きなれない国についてのスピーチをいただきました。聞きやすく、ためになる、リサーチを活かしたスピーチでした。

  • 「私の令和のはじめ方」:TMTさん

今回の例会に相応しいタイトルで始まったスピーチですが、内容は現代人の生活に対する警鐘をも含む、人間活動の根源に関する奥深い内容でした。

  • 「自分のリーダーシップスタイルを考える」:MRさん

我らのリーダーMRさんが、ご自身のトースト入会から今日に至るの苦労(?)を語る、MRさんのリーダーシップの軌跡ともいえるスピーチでした。役員交代の時期ということと相まって心に響くスピーチでした。

論評は
SBYさん→HBSさん
HRGさん→HYさん
TMTさん→SBTさん
MRさん→HMNさん

今回の論評者はそれぞれ語り口も、論評のポイントにも個性が光っていましたが、4名に共通しているのは、スピーカーの今の状況に合わせて的確な論評をしていたことです。アイスブレーカーの人にはこれからどんどんスピーチがしたくなるような論評を、ベテランの人にはダイレクトなアドバイスを。言葉と言葉の間に愛情が感じられる、そんな論評でした。

その論評の部をいつもながらの優しく温かい雰囲気で、例会全体を包み込むように振り返っていただいたのは、総合論評のOTBさん。令和最初の例会を、静かにクライマックスへ導きます。

そして本日の結果は
ベストテーブルトピックス賞―SGRさん
ベスト論評賞―HMNさん

ベストスピーカー賞―HRGさんでした!

例会の最後に、先週の全国大会のHall of Fameで複数の賞を受賞したMWKさんからの報告がありました。

次回例会は次期役員選挙です。皆さん奮ってご参加ください。

第260回 例会

平成31年4月23日。気が付けば、平成最後の例会となった第260回、H野会長のリマインドでちょっと気が引き締まる思いで始まりました!

さて、今日のTMOEはK原さん。初めてとは思えない、まるでNHKのアナウンサーのような安定感と優雅さで、さらに雰囲気を格調高くしてくれます!

そんな日の今日の言葉はO澤さんによる「骨を折る」。今日の言葉の主旨のひとつである、通常使う意味とは異なった二次的使い方を学ぶ、という意味ではとてもふさわしいもの。

本日のヘルパーさんは計時係S原さん、集計係O坪さん、えーとカウンターM原さん、文法係は本来のアサインであるY崎さんが到着するまでI田さん、そして記録係はS田。
仕事帰りの人が多い中、開始時間に間に合わなくてもしっかりフォローしあって例会を円滑に進められるのも新橋TMCのすごいところ。

さて、まず初めのテーブルトピックスはビタミンガール(by K原さん)のMさん。オレンジのようなフレッシュさと元気いっぱいさで間もなく来る次の時代への期待を感じされる出題でした。

  1. GWに1000万円あったら?:O澤さん
  2. 新札の肖像画にしたい人は?:I田さん
  3. あなたの畳みたいもの:S田
  4. 令和最初の例会でやりたい役割:M原さん

準備スピーチは以下の4本でした。

  1. 「ツボとリンパマッサージ~セルフケアで健康に」:Hさん
    持参したPCとプロジェクタが接続できず焦りましたが、すぐにH野会長のPCにデータを移して実施。このあたりの連係プレーも素晴らしい!
    新年度でバタバタしているこの時期に、よく効くツボをたくさん紹介してもらって、GWも無事に乗り切れそうです!
  2. 「ご縁って不思議」:O芦さん
    お子さんの卒業~入学の話かな、って思っていたら、次から次へとあふれ出てくる偶然の人と人とのつながり。そうした縁を大切にすることを改めて意識させられました。
  3. 「やってみないとわからない」:Y江さん
    以前にやったスピーチを落ち着いた大人の雰囲気で話したい!とブラッシュアップして臨んだY江さん。しっかり原稿を書き込んで、なんと4名にチェックしてもらっただけあって、内容バッチリ。
    そして肝心の話し方も、聴衆にまっすぐ訴えかけ、余韻を残す印象深いものでした。
  4. 「どうしてダメ男にはまるのか」:Y野さん
    衝撃的なリサーチ内容と、それを強調する効果的なスライド。伝えた内容はその後の例会の雰囲気を大きく変え、最後に出てきたひねりの部分はその場にいた人全員を翻弄しました。

論評は
Hさん→I田さん
O芦さん→O江さん
Y江さん→Y本さん
Y野さん→S蒲さん

それぞれがスピーチの良い点と改善点をうまく描き出していましたが、特にS蒲さんの「このスピーチには共感でいない」と衝撃の一言を発しつつ、それでいてモチベーティブな内容だったことが印象的でした。

総合論評はS藤さん
途中からの参加にもかかわらず、いなかった部分の論評もユーモアを交えつつ行うなど、例会の臨機応変さはここにも!

さて、本日の結果は
ベストテーブルトピックス賞―O澤さん
ベスト論評賞―O江さん
ベストスピーカー賞―H野さん

一通りのプログラムが終了した後、5月12日の日本語コンテストの出場者でもあるS田のコンテストスピーチリハーサルとフィードバックの時間。
新橋TMCは論評コンテストチャンピオンが在籍するだけあって、フィードバック力は秀逸。クラブメンバーのサポートに応えて全国大会がんばります!

例会の最後はTMOE笠原さんによるClosing。これがもう平成最後にふさわしい、とても重厚感のある締めくくり。
初TMOEというのにしっかり準備をし、例会を切り盛りして素晴らしいエンディングに導いた実力を思い切り見せつけられました!素晴らしい!

さて、全国大会はもうすぐです。日本語コンテストをホスティングするみなさまも、出場する人も、どちらもベストを尽くしましょう!