第262回 例会

今夜の TMOEは今話題のこの方!5月の日本語スピーチ大会で全国1位に輝いたSさんです!
新橋でのTMOEは初とのことですが、機転の効いたコメントと時間を意識した進行が素晴らしかったです。

Hさんによる今夜の言葉は「誘(いざな)い」。話で聴衆を色々な場所に連れて行くスピーチ自体、まさに「誘い」そのものですよね。皆さんかなり積極的に使われていました。

テーブルトピックスは当日急遽代役を引き受けてくれたSさんです。
難易度高めのトピックスでしたが、スピーカーの皆さん本当にお上手でした!

  • 頭が真っ白になった時どうする?→Tさん
  • 外せない予定があるけど疲れがピーク。さてどうする?→他クラブからのゲストOさん
  • 変化せざるを得ない時、どんなことを考えるか。→他クラブからのゲストUさん


お次は準備スピーチ。

準備スピーチ1はKさんによる「グレート・ジャーニー」。ゴールデンウィークにどこにも行かなかった自分と20年万年前からのホモ・サピエンスの動きを対比させ、スケールの大きさに関わらず始終聴衆の興味を惹きつける、見事な仕上がりでした。

準備スピーチ2はMさんによる「私の学び」。プロジェクトはPATHWAY Sの1アイスブレーカー、全国大会実行委員長としての経験を振り返りました。「70:20:10」の法則、皆さんご存知ですか?仕事にも日々の生活にも役立ちそうです。

準備スピーチ3は今期会長Hさんによる「孤独な時間」。突然「友達100人できるかな」を大きな声で歌い出したと思ったら、これまでのHさんの他者とのコミュニケーションの取り方の傾向、そして人に合わせるのではなく自分の中に強い芯を持つことが大事、といったリーダーシップ論にまで話が及びました。深い!

休憩を挟んでの総合論評。新橋の父、Oさん登場です。

論評者3名とも、スピーカーの励みになるような素晴らしい論評でした。


皆さんとっても良い笑顔!

激戦を制した受賞者の皆さん、おめでとうございます。

さてここからは来年度の役員選挙。毎年この時期に特に際立って実感するのはいかに新橋が素晴らしい人材の宝庫だということ!今回も錚々たる顔ぶれです。終始笑いが絶えない、エネルギッシュな時間でした。

応援演説も立候補者本人も、皆さん伝えたいことが多すぎてついつい時間オーバーになりがち。そんな時に計時係のIさんは温かい拍手でさりげなく時間であるということを伝えます。そんな小さな工夫からも思いやりを感じます。

<会長候補Mさんと、Mさんによる応援演説>

「面白そうなこと全部やってみたい!」というMさんの心の姿勢が会長に適任、という推薦でした。Mさん自身は新橋TMCに入会することになった経緯を振り返り、一番下から皆さんを支えたい、という決意表明。

<教育係副会長候補Yさんと、Eさんによる応援演説>

Yさんが秘書役だった時に発揮した彼女の能アイディアの豊富さと工夫する力がEさんの推薦ポイント。Yさん自身は新橋への恩返しをしたい、やるべきところは抑えつつふわふわーっとした雰囲気にしたいと語りました。

<会員担当副会長候補Yさんと、Hさんによる応援演説>

全国大会の時にYさんの見せたさりげない優しさと気配り力がHさんの推薦ポイント。Yさんは新橋TMCで素晴らしい仲間と出会えた事へ自分の「雰囲気、優しげ」というチャームポイントを生かしたいと語りました。

<広報担当候補Oさんと、Tさんによる応援演説>

TさんとOさんの出会いはなんと、アメリカの大学院時代に遡ります。Oさんのブランド価値を上げる表現力と段取り力そして責任感の強さが推薦ポイントだそうです。Oさんは街頭演説風にマイクを携えて登場! 「会員皆がきっと思っている”誰かを誘ってみたい”を形にして外部に発信していきます」と決意表明。

<秘書役候補Oさんと、Hさんによる応援演説>
リーダーシップを学びたいというOさんの積極的な姿勢と、そんなOさんを全力で推薦しますという力強い応援スピーチでした。

<会計係候補Sさんと、Oさんによる応援演説>

Sさんはスピーチこそしませんが(笑)新橋TMCを支えてくれているベテランさんです。新橋の母Oさんのお墨付きのSさんは、数字にも強いそうです。来年の新橋もこれで安泰ですね!

<会場係候補Sさんと、Oさんによる応援演説>
最後を飾るのはOさんの絶妙な辛口応援スピーチと、Sさんの強烈な立候補スピーチでした!どちらも個性豊かで

聴衆を虜にするスピーチでした。

役員が決まり、来年度もパワフルで楽しい新橋TMCになりそうです!

この場にいるだけで元気が出るような、内容盛りだくさん&活気たっぷりの2時間でした。

是非見学にお越しください。 i

第261回 例会


平成31年5月14日。令和初の例会は、SBYさんの入会式という晴れがましいイベントからスタートしました。

今回のTMOEはEさん。安定感とユーモアに溢れた語り口でテンポよく全体を進行。今日の言葉「挑戦」の紹介で、改元という節目の例会に相応しい、清々しいオープニングを飾りました。

役割は今回兼務が多い中、安定感溢れる布陣。計時係THSさん、集計係とえーとカウンターSTOさん、文法係・記録係はKHRさん。

テーブルトピックスマスターは初アサイン、OZWさん。やや緊張した面持ちではありましたがタイムリーな話題満載のテーブルトピックスを展開しました。

  1. チャレンジしたいこと、やりたいこと:MWKさん
  2. 引越しのこだわり:KSさん
  3. 「これなら並んでもよい」と思うもの:THSさん
  4. 忘れないための裏技:SGRさん

準備スピーチは以下の4本でした。

  • 「憧れの伸介にーやん」:SBYさん

アイスブレーカーとは思えないような滑らかな語り口に、感嘆の声頻り。入会の動機やこれから目指すスピーカー像をお話しいただきました。これからの活躍が楽しみになる入会初のスピーチでした。

  • 「バランスの取れた国」:HRGさん

安定感溢れる語り口で、リトアニアという聞きなれない国についてのスピーチをいただきました。聞きやすく、ためになる、リサーチを活かしたスピーチでした。

  • 「私の令和のはじめ方」:TMTさん

今回の例会に相応しいタイトルで始まったスピーチですが、内容は現代人の生活に対する警鐘をも含む、人間活動の根源に関する奥深い内容でした。

  • 「自分のリーダーシップスタイルを考える」:MRさん

我らのリーダーMRさんが、ご自身のトースト入会から今日に至るの苦労(?)を語る、MRさんのリーダーシップの軌跡ともいえるスピーチでした。役員交代の時期ということと相まって心に響くスピーチでした。

論評は
SBYさん→HBSさん
HRGさん→HYさん
TMTさん→SBTさん
MRさん→HMNさん

今回の論評者はそれぞれ語り口も、論評のポイントにも個性が光っていましたが、4名に共通しているのは、スピーカーの今の状況に合わせて的確な論評をしていたことです。アイスブレーカーの人にはこれからどんどんスピーチがしたくなるような論評を、ベテランの人にはダイレクトなアドバイスを。言葉と言葉の間に愛情が感じられる、そんな論評でした。

その論評の部をいつもながらの優しく温かい雰囲気で、例会全体を包み込むように振り返っていただいたのは、総合論評のOTBさん。令和最初の例会を、静かにクライマックスへ導きます。

そして本日の結果は
ベストテーブルトピックス賞―SGRさん
ベスト論評賞―HMNさん

ベストスピーカー賞―HRGさんでした!

例会の最後に、先週の全国大会のHall of Fameで複数の賞を受賞したMWKさんからの報告がありました。

次回例会は次期役員選挙です。皆さん奮ってご参加ください。

第260回 例会

平成31年4月23日。気が付けば、平成最後の例会となった第260回、H野会長のリマインドでちょっと気が引き締まる思いで始まりました!

さて、今日のTMOEはK原さん。初めてとは思えない、まるでNHKのアナウンサーのような安定感と優雅さで、さらに雰囲気を格調高くしてくれます!

そんな日の今日の言葉はO澤さんによる「骨を折る」。今日の言葉の主旨のひとつである、通常使う意味とは異なった二次的使い方を学ぶ、という意味ではとてもふさわしいもの。

本日のヘルパーさんは計時係S原さん、集計係O坪さん、えーとカウンターM原さん、文法係は本来のアサインであるY崎さんが到着するまでI田さん、そして記録係はS田。
仕事帰りの人が多い中、開始時間に間に合わなくてもしっかりフォローしあって例会を円滑に進められるのも新橋TMCのすごいところ。

さて、まず初めのテーブルトピックスはビタミンガール(by K原さん)のMさん。オレンジのようなフレッシュさと元気いっぱいさで間もなく来る次の時代への期待を感じされる出題でした。

  1. GWに1000万円あったら?:O澤さん
  2. 新札の肖像画にしたい人は?:I田さん
  3. あなたの畳みたいもの:S田
  4. 令和最初の例会でやりたい役割:M原さん

準備スピーチは以下の4本でした。

  1. 「ツボとリンパマッサージ~セルフケアで健康に」:Hさん
    持参したPCとプロジェクタが接続できず焦りましたが、すぐにH野会長のPCにデータを移して実施。このあたりの連係プレーも素晴らしい!
    新年度でバタバタしているこの時期に、よく効くツボをたくさん紹介してもらって、GWも無事に乗り切れそうです!
  2. 「ご縁って不思議」:O芦さん
    お子さんの卒業~入学の話かな、って思っていたら、次から次へとあふれ出てくる偶然の人と人とのつながり。そうした縁を大切にすることを改めて意識させられました。
  3. 「やってみないとわからない」:Y江さん
    以前にやったスピーチを落ち着いた大人の雰囲気で話したい!とブラッシュアップして臨んだY江さん。しっかり原稿を書き込んで、なんと4名にチェックしてもらっただけあって、内容バッチリ。
    そして肝心の話し方も、聴衆にまっすぐ訴えかけ、余韻を残す印象深いものでした。
  4. 「どうしてダメ男にはまるのか」:Y野さん
    衝撃的なリサーチ内容と、それを強調する効果的なスライド。伝えた内容はその後の例会の雰囲気を大きく変え、最後に出てきたひねりの部分はその場にいた人全員を翻弄しました。

論評は
Hさん→I田さん
O芦さん→O江さん
Y江さん→Y本さん
Y野さん→S蒲さん

それぞれがスピーチの良い点と改善点をうまく描き出していましたが、特にS蒲さんの「このスピーチには共感でいない」と衝撃の一言を発しつつ、それでいてモチベーティブな内容だったことが印象的でした。

総合論評はS藤さん
途中からの参加にもかかわらず、いなかった部分の論評もユーモアを交えつつ行うなど、例会の臨機応変さはここにも!

さて、本日の結果は
ベストテーブルトピックス賞―O澤さん
ベスト論評賞―O江さん
ベストスピーカー賞―H野さん

一通りのプログラムが終了した後、5月12日の日本語コンテストの出場者でもあるS田のコンテストスピーチリハーサルとフィードバックの時間。
新橋TMCは論評コンテストチャンピオンが在籍するだけあって、フィードバック力は秀逸。クラブメンバーのサポートに応えて全国大会がんばります!

例会の最後はTMOE笠原さんによるClosing。これがもう平成最後にふさわしい、とても重厚感のある締めくくり。
初TMOEというのにしっかり準備をし、例会を切り盛りして素晴らしいエンディングに導いた実力を思い切り見せつけられました!素晴らしい!

さて、全国大会はもうすぐです。日本語コンテストをホスティングするみなさまも、出場する人も、どちらもベストを尽くしましょう!

第259回 例会

桜の季節もほぼ終わり、新緑の季節に移ろうとしている4月9日、第259回例会が行われました。今回は会長H野さんが欠席のためH(MK)さんが会長代理として開会のご挨拶です。四つ葉のクローバーを見つける達人のH(MK)さん、集中力と自分を信じることがポイントとのこと。前向きな空気の中で例会が始まりました。

<TMOE (Toast Master of the Evening)>

新橋クラブは今年でチャーター10周年ですが、今夜の例会を仕切るのは設立時のメンバーの一人であるO坪さんです。今回は上級マニュアルのプロジェクトを兼ねての司会進行です。

<今夜の言葉>

今夜の言葉担当はいつも元気いっぱいのY江さんです。その元気の源の一つ「わくわく」を今夜の言葉に選んでいただきました。

<テーブルトピックス>

今夜のTTマスターは今夜の言葉に引き続きY江さんです。今夜の言葉「わくわく」に続き春にふさわしい前向きなお題をご用意いただきました。難易度もやや高めで回答者もやや苦戦していた様子でした。

「新しくやってみたい事」(I田さん)

「印象深かった出会い」(S原さん)

「お札に起用したい人」(S井さん)

「モチベーションアップの方法」(H房さん)

「わくわくしている事」(H(MK)さん)

<準備スピーチ>

「三人三様」- O坪さん

さて準備スピーチの開始です。トップバッターO坪さんは上級マニュアルの「スピーカーを紹介する」スピーチで、その後のスピーカーH(MI)さん、H(Y)さん、S田さんについて、それぞれご紹介いただきました。どなたについても入会時等の過去のエピソードからスピーカーの良い点を的確に、そしてユーモラスにご説明いただきました。

「完璧でなくていい」- H(MI)さん

日本の基準で考えるとかなりいい加減な所のあるアメリカで、そのいい加減さに驚きつつも、完璧主義ではないからこそ良い結果が出せた事例から、日本基準で考えがちな我々に対して「完璧でなくていい」ことをご提案いただきました。

「バブルの頃に出会ったイギリス人」- H(Y)さん

バブル時代に広告代理店にお勤めされていたH(Y)さん、イギリスの超大物アーティストにCMの出演交渉に行った時のエピソードです。超大物なのにシンプルな家でシンプルな生活を送っているイギリス人とバブリーだったご自身の姿を比較されたところが秀逸でした。最初に本名でイギリス人を紹介し「誰?」と思わせておき、最後に世に知れ渡っているアーティスト名を明かして、皆を驚かせたところは鮮やかでした。

「夢のお姫様だっこ」- S田さん

我らが代表S田さんのコンテストスピーチです。今回は、これまでのさまざまなコメントを受けて、修正されたスピーチだったのですが、前回よりも構成もメッセージも伝わりやすくなりました。短い期間で改善点の指摘を吸収してよいものに変えていけるところは素晴らしいと思いました。

<論評>

「O坪さんへの論評」- I田さん

馴染みの少ない上級マニュアルに対する論評でどうするのか注目していましたが、きっちり良い点と改善点につて述べていただきたました。流石、前会長です。

「H(MI)さんへの論評」- N山さん

全国大会の司会も行うN山さん、聞く度にどんどん上達されているのがよく分かります。今回も論評の基本形に則りながら最後に大きな笑いを仕込んでいて、とても良い論評でした。

「H(Y)さんへの論評」- A部さん

立ち上げメンバーのH(Y)さんに対する同じく立ち上げメンバーのA部さんからの論評です。スピーチをオリジナリティ、リアリティ、スペシャリティの3つのキーワードで整理した点、スピーカーが表現しきれなかった部分と改善点の指摘等、これぞ論評という素晴らしい切れ味でした。

「S田さんへの論評」- H(MK)さん

コンテストを控えたS田さんのスピーチはかなり完成度が高かく論評するのは大変だったと思いますが、それでも的確なフィードバックを行っていただきました。なお、このあと通常とは異なり論評者以外からのフィードバックもありました。O江さん、I田さん、O坪さんからコメントがあり、コンテストに向けて良い後押しになったのではないかと思います。

<総合論評>

さて論評の部以降を取り仕切る総合論評のS原さん、スタートから物凄いハイテンションで、各論評者や役割担当者について一人一笑以上の笑いを交えながらフィードバックしていただきました。元会長のI田さんの「総合論評の新しい形を示した」という言葉に同意せざるを得ない新しく素晴らしい総合論評でした。

<受賞者発表>

さて注目の各賞受賞者は以下の通りでした。皆さん、おめでとうございます。

・ベストテーブルトピックス賞:H(MK)さん

・ベスト論評賞   :A部さん

・ベストスピーカー賞:H(MI)さん

<入会宣言>

例会の最後に嬉しいお知らせです。S谷さんから入会宣言をいただきました。本当にこれから入会か、と思わせるような堂々とした話っぷりに、これからが期待です。

第256回 例会

2月ももう最後の週、第256回例会開始とともにH野会長は歌い始めました???   Kディーズのヒットナンバー 春一番!「もうすぐ春ですね~恋をしてみませんか~」   H野会長の鼻歌とともに春の訪れを予感させるあたたかい例会の始まりでした。

≪入会式≫

本日2名の入会式O澤さん・H木さんが新たに仲間になってくれました。

TMOE

今夜のトーストマスターはM原さん。久しぶりのTMOEにも関わらず、抜群の仕切りで会を盛り上げてくれました!

≪役割の説明≫

I田さんの用意してくれた今夜の言葉は「この上ない」。使用例を交え利用しやすい工夫がされていて沢山の方が話の中に取り入れていました。

計時係:Mさん、集計Y江さん、えーとカウンターN山さん、文法係S藤さん、役割の説明とともに「今日の言葉」もしっかりと使用していました。さすがですね(^^♪

≪テーブルトックス≫

テーブルトピックスでは、TTマスターS井さんが最近の経験から「漢字一字」をテーマにお題を出しました。みなさん即興で答えているとは思えない完成度の高いお話ばかりでびっくりです。

「痛」・・・あなたの痛い経験?-I田さん

「緩」・・・あなたのまわりの緩い人?-Y江さん

「視」・・・あなたのまわりの視野の広い人?―N山さん

「震」・・・あなたが震える程すごかったこと?-S藤さん

「熱」・・・あなたが熱いなぁ~と思ったこと?-Mさん

「痒」・・・あなたが痒いなぁ~と思ったこと?-S蒲さん

≪準備スピーチ部≫

・「思いを届けるために」-O澤さん

入会式と同日でのアイスブレイクスピーチに挑戦しました。予防医療の一翼を担う保健師の私だからこそ、人の心に思いを届けるスピーカーとなりたい、健康講座を通じて沢山の人を健康にしていきたい。トースト入会の動機と強い決意のこもった自己紹介スピーチでした。

「猪突猛進」-H木さん
H木さんも入会式と同日でのアイスブレイクスピーチでした。自分の性格は「猪突猛進」でその性格故のアメリカでの失敗談・成功体験を具体的に挙げられていて、H木さんの体験から人柄が伝わってきました。自己紹介とスピーチを上達させたい思いを表現した熱いスピーチでした。

「東京音頭」-O芦さん
野球観戦の素晴らしさをO芦さんならではの視点で紹介したスピーチ。応援グッツを身にまとい、沢山の写真を用いて球場の楽しさ、美味しさ、美しさ、野球観戦のコツ、醍醐味を余すところなく説明してくれました。お勧めポイントの嵐、爆笑の嵐でした。

「叔父の電報」-O江さん
O江さんの少年時代と叔父さんとの思い出エピソードをお話してくました。捕鯨船での叔父さんのワクワクドキドキの土産話とその帰りを楽しみに待つO江少年、叔父さんの優しく楽しい人柄とO江少年のおじさんへの思いが詰まったあたたかいお話に聴き手は引き込まれていきました。

≪論評の部≫
O澤さんの論評はO坪さん
H木さんの論評はH野さん
O芦さんの論評はK原さん
O江さんの論評はH房さん

総合論評はY本さんでした。
例会全体でのよかった点を小さなものまで見つけ出し、Y本さんらしく丁寧にわかりやすくフィードバックしていました。「なるほどなぁー」と感心してしまう総合論評でした。

≪表彰の部≫

ベストテーブルトピックス賞・・・S蒲さん
ベスト論評賞・・・K原さん
ベストスピーカー賞・・・O芦さん

入会者がどんどん増えている新橋トーストマスターズクラブ!これからも目が離せません。

エリア45 国際スピーチコンテスト

新橋バルーンにてエリア45国際スピーチコンテストが開催されました。

参加クラブは新橋TMC・New Bridge TMC・Tokyo Phoenix TMC

日英同時開催、同コンテストチェアー

コンテストチェアーにはNさん(新橋TMC・New Bridge TMC)

会場の制限人数いっぱいの満席で熱い!熱い!コンテストでした。

〜日本語コンテスト〜

5名のコンテスタントによるハイレベルなコンテストになりました。

スピーチ順、タイトルはこちら。

[ 1 ]Sさん「夢のお姫様抱っこ」

[ 2 ]Hさん「サンタクロースは誰ですか?」

[ 3 ]Sさん「向かい風」

[ 4 ]Nさん「感謝」

[ 5 ]Pさん「7000万の男」

コンテスタントの皆様お疲れ様でした!

そして気になる順位発表は!!!

3位 Sさん「向かい風」

2位 Hさん「サンタクロースは誰ですか?」

1位 Sさん「夢のお姫様抱っこ」

1位のSさんはディビジョンD国際スピーチコンテストに駒を進めます。

やっぱり強かったSさん!引き続き頑張ってください。

みなさん、Sさんを応援しましょう!

〜英語コンテスト〜

2名のコンテスタントによって争われました。

少ない人数でしたが、どちらもとてもステキなスピーチでコンテストを盛り上げて頂きました。

スピーチ順、タイトル

[ 1 ]™️ P「Curiosity」

[ 2 ]™️ T「Feel Needed or Stupid ?」

順位発表は

2位 ™️ T「Feel Needed or Stupid ?」

1位  ™️ P「Curiosity」

1位の™️ PはディビジョンD国際スピーチコンテストに駒を進めます。

さすがトースト歴30年のTM P!!引き続き頑張ってください。

みなさん、TM Pを応援しましょう!

ディビジョンスピーチDコンテストの案内

2019年4月19日(日)

12:30 pm-16:00 pm

日本大学理工学部・船橋キャンパス https://www.cst.niho

第255回 例会

まだまだ外は寒いですが、新橋トーストマスターズクラブはみんなで楽しく盛り上がっています!
全国大会に向けて、コンテストスピーチの練習や、マニュアルを進めて行く人もそれぞれです。無理せず、継続。そして、「やってみよう!」の精神でみんな前向き。
そんな、第255回今夜のトーストマスターはS藤さん。今日も半袖、元気に盛り上げてくれました!

今夜の言葉は「いみじくも」を用意してくれたのはS原さん。ちょっと難しい言葉の方がチャレンジしてみようという気になるのか、結構好評でした。
※いみじくも-的を得ていること、非常に、巧みな

計時係:O田さん、集計Mさん、えーとカウンターYさん、文法係Iさん、たまたまですが全員女性(^^)

テーブルトピックスでは、テーブルトピックスマスターが決めたお題を当てられた人が答える即興力が試されるコーナーです。T本さんのウイットに富んだトークは情報量も多くとても勉強になりました!
1. 最近、年を取ったと思うこと-Yさん
2. もったいないなぁと思うこと-Hさん
3. 出来れば止めたいと思っていること-Mさん
4. あなたを動物に例えると何?-Iさん
5. あなたのコダワリノのブランドは?-S原さん
「今日は何の日?」からここまで面白いお題を引き出すなんて!色々なお話を聴くことができて楽しかったです。

続いて、4本の準備スピーチ。
・「SDGs」-Eさん
今話題の言葉であるSDGs(持続可能な開発目標)から、現代社会の問題点を鋭い切り口でスピーチしてくれました。人口が急激に増えて、資源を使いまくっている私たち。できることから、続けられることから「はじめよう!」ですね。
・「一歩踏み出す」-H房さん
生きがいがなくなった人に、「これをやってみたら?」と提案したら、「生きがい」だけでなく「ビジネス」にもなった!ほっこりストーリー。
実際にスピーチで出てきた子供服をリメイクしたぬいぐるみも登場しました!
・「「手間こそ愛情」は本当か?」-Oさん
Hさんに、高級無水鍋を買ってもらうためのセールストークのスピーチ。Hさんの反応・回答を聞いて、どんどんお勧めポイントを紹介します。
1.正直、2.ニーズ、3.できることとできないことを明確に!
きちんと説得して、納得して買ってもらうのは大変なんですね~。
・「夢のお姫様だっこ」-S田さん
コンテスト用スピーチ、2回目拝聴しましたが、またまたパワーアップ!
ネタバレしてしまうのでここには書きませんが、「さすが!」のテクニック満載でした。

論評は、
Eさんの論評は、Hさん
H房さんの論評は、Mさん
Oさんの論評は、O江さん
S田さんの論評は、Mさん

ベストテーブルトピックス賞―Hさん
ベスト論評賞―O江さん
ベストスピーカー賞―H房さん

総合論評は、急遽お休みのピンチヒッターでHさん!
優しくみんなを鼓舞してくれました!今回は仕事の都合などでお休みの方も多かったのですが、役割のある人もない人もみんなで楽しく参加することができた例会でした。
そして、ゲストの方から嬉しい入会宣言!
しかも、お二人!!
皆さんも是非一度、新橋トーストマスターズに遊びにきて下さいね(*´▽`*)

第254回 例会

2月5日の合同例会は、コンテストスピーチあり、入会式ありの賑やかで盛り沢山の会でした。

まずはBさんの入会式!
New Bridgeへの入会を決意されたBさん。難しいバージョンの入会宣言に、かなをふって挑戦する姿に、これからの活躍が期待されます。

準備スピーチは、今日入会されたBさんで、タイトルは「とりあえずやってみる」。100%の準備は出来ることが少ないから、とりあえずやってみるというメッセージ。これは時間の無い社会人なら誰もが首肯できることではないでしょうか。

次はコンテストスピーチ5つ。

1つめはHさん。タイトルは「ある朝のプロジェクト」でした。仕事の喜びは、人の思いがマニュアルから外れた、「のりしろ」の部分にあるというテーマを、方言を交えつつ、心温まるエピソードと共にお話されました。

2つめは、Tさん。タイトルは「また来てね」でした。実際に会って、シンプルに気持ちに向き合うだけで幸せになれる。シンプルなメッセージがスピーチに普遍性を持たせていました。

3つめはNさん。タイトルは「当たり前」。単調な日々をコミカルにジェスチャーで表現。当たり前を有り難く思うことで、物事を肯定的に捉えられるという、Nさんの優れた観察眼が聴衆に伝わるスピーチでした。

4つめはIさん。「男もつらいよ」という昨今の潮流にあえて反したタイトルで、過渡期にある男女の性差について、オトコの熱い思いを語って下さいました。

5つめは、Sさんで、タイトルは「向かい風」。持ち味の大胆なジェスチャーが、「苦手なこと・嫌なことでも頑張る自分がいたから、ピンチからチャンスを掴んだ」という逆境に立ち向かった力強さと呼応して、聴衆に強い印象を与えました。

例会の後半は論評です。
総合論評はIさん
Bさんの論評はIさん
Hさんの論評はIさん
Tさんの論評はTさん
Nさんの論評はHさん
Iさんの論評はOさん
Sさんの論評はTさん
が務めました。
丁寧なフィードバックを行う、その一言一言が珠玉の言葉として、スピーカーと聴衆の腹に落ちました。

受賞者はベスト論評賞がOさん、ベストスピーカー賞がSさんでした。

また、
TMOEはMさん
計時係はMさん
集計係はHさん
ゲストをもてなす係はYさんHさん
でした。

次回2月12日は通常例会です。
素敵なスピーチを聴きに来てください。

第253回 例会

新年一発目のTMOEは初TMOEのHさんです。

最初は初TMOEらしく初々しい様子でしたが、

一人ひとりに今年の抱負を聞くなど

自分らしさを出した素晴らしいTMOEでした。

今夜の言葉は、S藤さんの「とっておきの」でした。

使いやすい言葉でみんな使っていましたね

さて、その場でお題を当てられる即興スピーチである

テーブルトピックス。本日お題を出すのはS田さん。

今年の抱負を少しいいじった形で

「今年止めたいこと」Hさん

「今年こいつにだけ会いたくない」T本さん

「今年これだけはやりたくない」M原さん

「去年流行った飽きられてしまうと思うものとその理由」T橋さん

など面白いお題がいっぱい。

次は、準備スピーチです

今回はスピーカーそれぞれの個性が出ていて

聞いていて楽しいスピーチばかりでした。

K山さん pathway1「私を形作った青春時代」

アイスブレイクとして自分をさらけ出し、

聴いているものを惹きつける素晴らしいスピーチでした。

次回も楽しみです

S原さん pathway2「勝負どころ」

寝転んだり、座り込んだり、うまい棒を食べたりと

激しいボディランゲージに加え、ボーカルバラエティで

演じ分けするなど聴衆を惹きつけて笑いの絶えない

スピーチでした

I田さん CC6「預金通帳」

「付き合った彼氏の通帳があったら、のぞきますか?」

この言葉からはじまる男女の緊張感のやり取り。

状況描写がうまいI田さんだからまるで目の前の出来事

のように聴衆に伝えてくれました。

O坪さん AD 説得力のあるスピーチ#5「18/47」

「18/47」この数字の意味が分かりますか?

5月の全国大会で日本語コンテストのホストクラブを

新橋クラブが務めます。

新橋会員数のうち全国大会お手伝いする人の数です。

聴いていて私も全国大会のお手伝いしたくなるような

やさしく説得されるスピーチでした。

今回のもぐもぐタイム(休憩)は豪華でした。

・売っていそうなHさんの手作り金柑ケーキ

・Y江さんのNYで日本人人だかりのお土産バウンドケーキ

・S原さんがスピーチで使った懐かしの駄菓子

で!

例会の後半戦は論評の部です。

準備スピーチに対してそれぞれの論評者がスピーカーに

良かった点と改善点のフィードバックを行います。

Y山さんの論評はI田さん

S原さんの論評はO江さん

I田さんの論評はO芦さん

O坪さんの論評はN山さん

4人ともそれぞれの観点でスピーチを分析しており、

論評を聴いているだけでもスピーチが上手くなりそうです。

続いて今回の例会全体の論評を行う総合論評

総合論評者は、S井さん

S井さんらしくひとつひとつを丁寧に論理的なフィードバックを

行っていきます。論評者のスピーチを聴いている姿を観察する

などなるほど!と思わせられる総合論評でした。

最後に本日の

ベストテーブルトピックス賞:M原さん

ベスト論評賞:O江さん

ベストスピーカー賞:O坪さん

新年一発目にふさわしい面白い例会でした。

ついに次回1月22日は年に1回の全国大会に向けた

クラブコンテストです

新橋クラブから勝ち上がるのはたった2名

いつもと違うメンバの本気のスピーチを聴きにきてください。

第252回 例会

第252回の例会は「クリスマス例会!」
プレゼント交換やプレゼントにそれぞれついているお題を即興で答えるコーナー、もぐもぐタイム、新しく入会したKさんの入会式ありのスペシャルな例会で盛り上がりました!
盛り上げてくれたのが、今夜のトーストマスターのSさん。
色々とイベントを考えてくれたり、準備も大変だったと思います。
サンタっぽい服装も雰囲気があってナイスでした!ありがとうございました。

<役割紹介>
・今夜の言葉 Nさん
「華やか」
・計時係 Mさん
・集計係 Hさん
・えーとカウンター Oさん
・文法係 Uさん
・記録係 Hさん

今夜の言葉はRさん「華やか」という、クリスマスっぽい言葉を選んでくれました。
例会の中で何度も使われて、より「華やか」な例会になりました!
準備スピーチ1番手は、Kさん。
ダイエットについてのお話でしたが、ぴちっと小さめの服を選ぶと人の体系はそれに見合ったものなってくるという逆転の発想が面白かったです。
2番手はHさん。副業、兼業についてのお話です。コーチングというものが人の潜在能力を引き出すとのこと。100年生きる時代、この先どうなるかわからないからこそ未来を見るなんてすごいです。
3番手はIさん、真面目な印象を裏切るユーモアのあるお話に盛り上がりました。
どんでん返しがある構成がまたすごい!
なかなかできない経験をされているんだなーと聞き入りました。

準備スピーチに対する論評も熱い愛がこもっていました。
論評はまずSさん。赤鼻でトナカイを演出するも、半そでに目が行ってしまいました(笑)
真冬のはずなのに~。
Oさんの論評、Yさんの論評も多角的にスピーチを分析されていて流石でした!
総合論評はSさん。

テーブルトピックスは参加者それぞれが考えたお題をプレゼントに貼り付けシャッフル!即興で話してもらいます。
「クリスマスにもらってうれしかったものは?」「印象に残っているクリスマスデートは?」「今の自分から子供の頃の自分にプレゼントを贈るなら?」などクリスマス例会にぴったりのお題が次々と読み上げられました!

2018年、上半期表彰!
CC達成賞 Iさん、Yさん、Tさん
CL達成賞 Yさん、Y野さん
Pathways Lev3 Oさん
最も印象に残ったスピーチHさん「サンタクロースはお父さん」