第259回 例会

桜の季節もほぼ終わり、新緑の季節に移ろうとしている4月9日、第259回例会が行われました。今回は会長H野さんが欠席のためH(MK)さんが会長代理として開会のご挨拶です。四つ葉のクローバーを見つける達人のH(MK)さん、集中力と自分を信じることがポイントとのこと。前向きな空気の中で例会が始まりました。

<TMOE (Toast Master of the Evening)>

新橋クラブは今年でチャーター10周年ですが、今夜の例会を仕切るのは設立時のメンバーの一人であるO坪さんです。今回は上級マニュアルのプロジェクトを兼ねての司会進行です。

<今夜の言葉>

今夜の言葉担当はいつも元気いっぱいのY江さんです。その元気の源の一つ「わくわく」を今夜の言葉に選んでいただきました。

<テーブルトピックス>

今夜のTTマスターは今夜の言葉に引き続きY江さんです。今夜の言葉「わくわく」に続き春にふさわしい前向きなお題をご用意いただきました。難易度もやや高めで回答者もやや苦戦していた様子でした。

「新しくやってみたい事」(I田さん)

「印象深かった出会い」(S原さん)

「お札に起用したい人」(S井さん)

「モチベーションアップの方法」(H房さん)

「わくわくしている事」(H(MK)さん)

<準備スピーチ>

「三人三様」- O坪さん

さて準備スピーチの開始です。トップバッターO坪さんは上級マニュアルの「スピーカーを紹介する」スピーチで、その後のスピーカーH(MI)さん、H(Y)さん、S田さんについて、それぞれご紹介いただきました。どなたについても入会時等の過去のエピソードからスピーカーの良い点を的確に、そしてユーモラスにご説明いただきました。

「完璧でなくていい」- H(MI)さん

日本の基準で考えるとかなりいい加減な所のあるアメリカで、そのいい加減さに驚きつつも、完璧主義ではないからこそ良い結果が出せた事例から、日本基準で考えがちな我々に対して「完璧でなくていい」ことをご提案いただきました。

「バブルの頃に出会ったイギリス人」- H(Y)さん

バブル時代に広告代理店にお勤めされていたH(Y)さん、イギリスの超大物アーティストにCMの出演交渉に行った時のエピソードです。超大物なのにシンプルな家でシンプルな生活を送っているイギリス人とバブリーだったご自身の姿を比較されたところが秀逸でした。最初に本名でイギリス人を紹介し「誰?」と思わせておき、最後に世に知れ渡っているアーティスト名を明かして、皆を驚かせたところは鮮やかでした。

「夢のお姫様だっこ」- S田さん

我らが代表S田さんのコンテストスピーチです。今回は、これまでのさまざまなコメントを受けて、修正されたスピーチだったのですが、前回よりも構成もメッセージも伝わりやすくなりました。短い期間で改善点の指摘を吸収してよいものに変えていけるところは素晴らしいと思いました。

<論評>

「O坪さんへの論評」- I田さん

馴染みの少ない上級マニュアルに対する論評でどうするのか注目していましたが、きっちり良い点と改善点につて述べていただきたました。流石、前会長です。

「H(MI)さんへの論評」- N山さん

全国大会の司会も行うN山さん、聞く度にどんどん上達されているのがよく分かります。今回も論評の基本形に則りながら最後に大きな笑いを仕込んでいて、とても良い論評でした。

「H(Y)さんへの論評」- A部さん

立ち上げメンバーのH(Y)さんに対する同じく立ち上げメンバーのA部さんからの論評です。スピーチをオリジナリティ、リアリティ、スペシャリティの3つのキーワードで整理した点、スピーカーが表現しきれなかった部分と改善点の指摘等、これぞ論評という素晴らしい切れ味でした。

「S田さんへの論評」- H(MK)さん

コンテストを控えたS田さんのスピーチはかなり完成度が高かく論評するのは大変だったと思いますが、それでも的確なフィードバックを行っていただきました。なお、このあと通常とは異なり論評者以外からのフィードバックもありました。O江さん、I田さん、O坪さんからコメントがあり、コンテストに向けて良い後押しになったのではないかと思います。

<総合論評>

さて論評の部以降を取り仕切る総合論評のS原さん、スタートから物凄いハイテンションで、各論評者や役割担当者について一人一笑以上の笑いを交えながらフィードバックしていただきました。元会長のI田さんの「総合論評の新しい形を示した」という言葉に同意せざるを得ない新しく素晴らしい総合論評でした。

<受賞者発表>

さて注目の各賞受賞者は以下の通りでした。皆さん、おめでとうございます。

・ベストテーブルトピックス賞:H(MK)さん

・ベスト論評賞   :A部さん

・ベストスピーカー賞:H(MI)さん

<入会宣言>

例会の最後に嬉しいお知らせです。S谷さんから入会宣言をいただきました。本当にこれから入会か、と思わせるような堂々とした話っぷりに、これからが期待です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。