エリア45コンテスト

2月16日は、わが新橋トーストマスターズクラブ、New Bridge トーストマスターズクラブ、プレゼンテーション トーストマスターズクラブ、そしてTokyo Phoenix トーストマスターズクラブの4つのクラブが所属しているエリア45のスピーチコンテストが行われました。

各クラブのコンテストを勝ち抜いたコンテスタントが、更に上位のディビジョンコンテストへの出場をかけて競い合います。あいにくの雨にもかかわらず、会場は各クラブの出場者と応援団ですごい熱気となっていました。

エリア45コンテストは、英語と日本語の2つの部門の同時開催です。このコンテストの司会という大役を務めるのはTさんです。英語部門は英語で、日本語部門は日本語でみごとな司会をされました。

出場者は、英語部門と日本語部門に6人ずつ出場しました。コンテストスピーチの内容は、国際コンテスト規約に基づき公開できないため、ここでお伝えすることができませんが、いずれのコンテスタントも素晴らしいスピーチを披露され、非常にレベルの高いコンテストでした。

英語部門は、1位Mさん、2位Iさん、3位Aさん。

日本語部門は、1位Mさん、2位Hさん、3位Sさん。

なんと、Mさんが英語部門と日本語部門の両方で優勝です!

優勝したMさんは3月15日に江戸川グリーンパレスで開催されるディビジョンコンテストに出場されます!がんばって!

第279回例会

祝日だったのでいつもより参加者が少ない例会でした。

が!!!!

内容はテーブルトピックス4本、スピーチ4本、論評4本の充実したものでした。

素晴らしい例会を仕切ってくれたのが

TMOE(総合司会)Sさんでした^^

まず最初のセッションテーブルトピックス(即興スピーチ)

TTマスターはMさん

4人の方がお題に沿って即興スピーチをしてくれました。

時間に余裕があるとTTマスターが追加質問をしてスピーカーの話を掘り下げて

個性豊かな即興スピーチとは思えないくらい内容の濃いスピーチになっていました。

4つのお題はこちら↓

・「スポーツで世界一、どの競技、どうやって?」

・「何かで世界一になるとしたら何? 」

・「世界を変えられるなら、何を変える?」

・「未来が変わったらどうなる?」

そして準備スピーチのセッションです。

4人がスピーチをしてくれました。4人中2人が2月16日のエリアコンテストに向けてのコンテストスピーチでした!!

緊張したり、いろいろ考えすぎてタイムオーバーになってしまったり、着地点が分からなくなってしまったり、思い通りに行かないこともありますがそれを練習できるいい機会です。

自分の癖などもスピーチを通して分かることもあります^^

4人のスピーチタイトルはこちら↓

・「 「I」ではなくて「We」で考える 」

・「 顔 」

・「 過去に戻れるとしたら 」

・「 イメージを描く 」

最後のセッション論評です。

準備スピーチに対して論評が行われます。

ただスピーチをするのでは、成長はできません。

他者からの冷静な視点を共有してもらうことで自分のスピーチの良いところ・改善点が見えてくるからです。

論評者の方はスピーカーがどこを意識してスピーチをしたのか、今後どのような所を意識してスピーチをしたら更に良くなるのかなどのフィードバックをします。

今回はコンテストスピーチの練習が2本あったためか、いつもより辛口な論評だなと思いましたが、ただ指摘をするだけでなく伸ばす所を明確に論評者の視点で伝えていたのがよかったです!

受賞者

・ベストTT  O2さん

・ベスト論評 O2さん

・ベストスピーチ Hさん

少ない人数でしたが、全てオンタイムで進行してくれたTMOE Sさん、

参加してくれた方々みなさまありがとう楽しい時間をありがとうございました☆

見学してみたいなと少しでも思ったそこのあなた

いつでもお待ちしております^^

第278回例会(エリアコンテスト)

1月28日、クラブコンテストが開催されました。司会進行はコンテスト委員長のSさんです。

この日のために準備を重ねたスピーチを披露したのは、7名の出場者達。魅了されるスピーチの連続に、満席の会場は熱気に包まれました。

審査終了後、いよいよ受賞者発表です。第1位は、一歩踏み出す勇気について語ったHさん、そして第2位はMさん、第3位はSさんでした!

コンテストは、各クラブの選抜者によるエリアコンテストへと続きます。

第277回例会

2020年1月14日。令和2年オリンピックイヤー初めての例会が開催されました。

見学者4人を迎え順調だったはずが、今日の司会者N山さんがお仕事のトラブルで遅刻という緊急事態。でもトーストマスターズはこういう不測の事態でも涼しい顔で対応できる柔軟性も学べるんです。副会長のY江さんが急遽ピンチヒッターとして代理を務めることになり前半を大過なく進行してくれました。

【今日の言葉】はN井さんが新年らしい「晴れやか」という言葉を紹介してくれました。

【テーブルトピックス】

即興力を鍛える「テーブルトピックス」セッションは、O坪さんが年の初めに相応しく、「新しく始めてみたい仕事」「住み替えたい街」というお題でのショートスピーチを4人の方に当ててくれました。

【準備スピーチ】

お待ちかねの準備スピーチは4人。

最初にA東さんが「新たなまなざし」というタイトルで絵画鑑賞に対する斬新なアプローチを紹介してくれました。

2番目のT口さんは「アダムスミスは間違っている」と題して物事の考え方についての熱演。

Hぎさんの「一歩踏み出す」はご自分の失敗談をもとに挑戦する気持ちを共有してくれました。

最後のK地さん「僕の生まれは世田谷区」は、もやしのような都会っ子の成長ストーリーが笑いを誘いました。

【論評】

休憩後の「論評セッション」は特定の先生がいないトーストマスターズ活動の醍醐味です。

4名のベテランが準備スピーチへの暖かく前向きなフィードバック。

新年のおとそ気分のせいか、暖冬のせいか、全体に制限時間オーバーが多かった例会でしたが K地さんの入会式に加え2回目ゲストのF洞さんからの入会表明もあり今年も盛り上がりそうな新橋クラブの初例会でした。

【今日のベストスピーカー】

ベストテーブルトピックス賞 H野さん「住んでみたい街は博多」

ベスト論評賞  S田さん

ベストスピーカー賞  Hぎさん

第276回例会

今年はクリスマスイブ当日に例会。

M会長のOpeningでクリスマス例会が始まりました。

今日の司会はAさん。

妻が、「私にもサンタさん来るかしら。」と。

「来るわけないだろう。」とは言えません。。。

今日は通常スピーチ2本と18-22分の大作が1本。


  • Mさんの「今日からできる!ホスト界の帝王入門編」

帝王の言葉を分析し、身近なチャレンジに落とし込む手法で、聴衆を巻き込むスピーチでした。Sさんの「減感作療法」

自身の花粉症治療を、トーストマスターズ活動に結びつけた納得のスピーチ。

維持期は4-5年かかるけれど、自分が変わったと思えます!

次はHさんの大作のスピーチのはずが、本人が仕事の都合で未到着。急遽、テーブルトピックス開催となり、その場でMさんがマスターに。

今年チャレンジしたこと、クリスマスの思い出等、進めていくうちにHさん到着。

  • Hさんの「面白いスピーチの作り方」

初めにボーカルバラエティとボディランゲージを駆使した臨場感あふれる楽しいスピーチ。

そのあと3つのポイントについて解説し、やり方も提示してくれました。

今日のもうひとつのビックイベントは、半期を振り返って、教育賞の表彰式。

トリプルクラウンが2人もいます!

新橋トーストマスターズクラブは6年連続でDCP9ポイント以上のDistinguished Clubです。

今年は満点の10ポイントを目指しています。(達成確実?!)

最後は全員にサンタさんからのプレゼント。

第2・4火曜日 新橋駅烏森口すぐの会場で楽しみながら学んでいます。

ぜひ、覗いてみて下さい!

第275回例会

記録係の私が遅刻ギリギリになってしまったのですが、本日も定刻通りに第275回例会がスタートしました。

冒頭M会長より、職場でミーティングのファシリテーションを任せられ、トーストマスターズ流で時間を厳しく区切って進行したところ、最終的には非常に好評だったとのお話がありました。

クラブで頑張れば、仕事にも生きてくる!という非常に良い例ですね。

今夜のTMOEはN村さん。

本日はノーベル賞授賞式。

ノーベル化学賞を受賞した吉野さんの「地道にコツコツ継続することが大事」という話を聞き、スピーチも同じだ!

とTMCで頑張る決意を改めて固めたそうです。

<今夜の言葉>

ゲスト参加のK地さんが急遽引き受けてくださり、今夜の言葉は「温もり」。

温度が温かいという意味だけでなく、「心温まる」という意味もある素敵な言葉です。

例会を通し、皆さん沢山使っていました。

<テーブルトピックス>

今夜のテーブルトピックマスターは、O友さん。

1年の終わりが近づいているということで、春夏秋冬にちなんだ4つのトピックを提示して頂きました。

・春「人生で心に残る出会い又は別れのエピソード」:A東さん

・夏「旅行でやらかしてしまった大失敗」:O江さん

・秋「最後の晩餐で何を食べたいか?」:K地さん

・冬「忘れられないプレゼント」:M田さん

皆さん情熱とユーモアにあふれるスピーチを披露されていました。

<準備スピーチ>

・O澤さん「これって8%?10%?」

消費税の軽減税率についてのお話。

特にわかりづらい「テイクアウト8% ⇔ 外食10%」の違いについて、オーディエンスとのやり取りも交えながら、とてもわかりやすくプレゼンされていました。

・Mさん「指標」

トーストマスターズクラブのレベルを測る指標である「Distinguished Club Program (DCP)」についてお話し頂きました。満点10点の指標です。

当新橋クラブは今季、半年時点で何と既に8!!!満点目指しましょう!

・S谷さん「山仲間」

趣味の登山で周囲の方から受けたアドバイス・サポートを、トーストマスターズクラブのメンターと重ね合わせ、トーストマスターズクラブの素晴らしい点をお話しされていました。

トーストマスターズクラブの素晴らしさを再認識できるスピーチでした。

・Y江さん「思いやり」

ご自身の最近の苦しい経験から思いやりの大切さを再認識し、それをリーダーシップの異なるタイプの説明に繋げたスピーチでした。

いつものY江さんとは異なる面が見られた部分もある、オーディエンスの心を動かすスピーチでした。

<論評>

今夜の総合論評はS田さん。

流石の安定感ある進行に助けられ、論評セッションも学び多いものとなりました。

・O澤さんに対する論評:O江さん

・Mさんに対する論評:O坪さん

・S谷さんに対する論評:S藤さん

・Y江さんに対する論評:H野さん

<授賞式>

今夜も個性あふれるスピーチ、論評の数々でした!!!受賞者は以下の通りです。

・ベストテーブルトピックス賞:M田さん

・ベスト論評賞:H野さん

・ベストスピーカー賞:S谷さん

次回例会は年末最後の例会です!

シークレットサンタのイベントや、教育賞の発表があります。

また、年始も1/28にはクラブコンテストがありますので、是非皆さん積極的に参加しましょう!

今年もトーストマスターズクラブに終わり、来年もトーストマスターズクラブから始めましょう!

第274回例会

今年も残すところ1か月!!!

眠らない町ここ新橋で第274回例会が開催されました。しかし、M会長が遅れてくるとのこと。そこでYさんがYワールドのなかで開会の挨拶(^^)/

ゲストさんは東京論評のK地さんと今回初参戦のT岡さん。後述のとおりですが、T岡さんも結構楽しんでくれたのではないかと思います。

さて、本題に入りましょう〜

≪TMOE≫

今夜のトーストマスターはT口さん。スピーカーや各役割を紹介する際に1人1人に対する想い(?)をユーモアたっぷりに伝えてくれて、いい場を提供してくれました!深謝です!

≪役割の説明≫

H野さんの用意してくれた今夜の言葉は「あおる」。今年の流行語大賞の候補30の中から選んでくれました!まさにグッドタイミング。なお、「あおる」にはネガティブな聞こえがちですが、いろいろな意味を伝えてくれたので、この用語の深い意味について知ることができました(メモメモ)「この言葉、結構使いやすそうな感じだなー」と思ったのですが、やはり、皆さんいつもよりも使ってましたね〜(偉い偉い(^^)/)

あとは、計時係:O澤さん、集計A岡さん、えーとカウンター:A部さん(“人間メトロノーム”)、文法係:Mさん、記録係はK禮さんになります。

≪テーブルトックス≫さて、今晩のテーブルトピックスマスターはXXさんです。

本日のお題は、「運を味方につけるにはどのような習慣を使っていますか?」というものでした。さて当てられた方のコメントはどうでしたでしょうか?

・K禮さん:いっぱい食べて寝ることが習慣(普通?) パフォーマンスを上げるために一番いいらしいですね。

・A部さん:健康管理、血圧を計ることが習慣!健康診断引っかかると心配する奥様に大丈夫と言って聞かないというアットホームな一面も。塩分取り過ぎには注意ですねー

・Y江さん:そもそも元々運でしか生きてないっという思い切りのいい発言!楽しい、生き生きした方を選ぶと運が寄ってくるとのこと(なーるほど!)笑顔はとっても大事ですよーといういいお言葉も。

・Y本さん:失敗談から出てきた習慣とちょっと直前に難題追加。考えないで行動してしまう、話すのが苦手、職場でもプレゼン失敗・・・しかし、それがあるから次の行動につながるとの前向きな言葉。確かにとても大事ですよね!

≪準備スピーチ部≫

・「オタク X リーダー X 守るもの」-S原さん

プロジェクト CC#6 ボーカルバラエティ

まさかの小林幸子(#^.^#)。幸子は干されていた話にはみんな驚き。いつもと同じS原節炸裂!前に出て観客を飲み込んで自分ワールドに引き込むこのスタイルには学ぶところが多いですよね!まさに「CC#6 ボーカルバラエティ」の目的を完全に達成!

・「褒める文化」-K原さん

プロジェクト CC#8 ビジュアルエイド(視覚器材)

新橋TMCのミスカジュアルの登場!褒められる側に問題があるとは、眼から鱗(汗)「心の侵入禁止をやめましょう!」は心に響きませんでしたか?「謙遜なんて時間の無駄。一銭の徳にもならない」。なるほど。素敵な言い回しが各所に(^o^)ビジュアルはシンプルなのがわかりやすかったですね。最後は思いもよらぬ展開に(笑)(Y江さん)

・「オリパラ!」-Y本さん

プロジェクト CC#6 ボーカルバラエティ

パラリンピックの種目「ボッチャ」について。黒板を使った説明は分かりやすい!会社とかでも(さすがに黒板はないですが)ホワイトボードを使うことが多いので、いかに効果的に使うかっていうのが改めて大切なのが分かりました。

・「違う景色」-O坪さん

プロジェクト AC(式典でのスピーチ)#4 表彰のスピーチ

話の組み立てがすごく納得感を生み出していました。自分がどのように成長していったか、周りの感謝の気持ちを素直かつ心から述べているのを見て、

新参者の私にとって勇気づけられる言葉がふんだんにあって、私もいつかO坪さんのようなスピーチを皆さんの前で披露できる日が来ればなあと思いました・・・

≪論評の部≫

S原さんの論評はM原さん

K原さんの論評はS蒲さん

Y本さんの論評はO江さん

O坪さんの論評はS田さん

総合論評はM脇さん。いつものように安心できるファシリテーションで円滑かつ楽しく論評プロセスが進みました。タイム管理に関してはちょっとご愛嬌もあり(笑)では、総合論評メッセージを軽くまとめてみましょう〜(長いか?)

  • 全体(時間管理:グッド、ゲストへのウェルカム感OK!)
  • TMOE(事前に目標を設定:グッド!声の大きさ、目線、と言ったボディランゲージなどが盛り上げに助けに)
  • 役割(言葉は時事ネタ:グッドとか)
  • TTマスターはあまり喋りすぎたらダメなんですね。スピーカーが主役!なるほどー
  • 論評は内容に対するコメントではなくスピーチに対するコメントであるべし!これもなるほどー

1人1人に対する丁寧な論評は本当に勉強になりますね〜

≪表彰の部≫

ベストテーブルトピックス賞・・・Y本さん

ベスト論評賞・・・M原さん

ベストスピーカー賞・・・O坪さん

ここ数日続いた雨模様、これで本格的な冬が到来する気がします。しかし、新橋トーストマスターズクラブは常夏!新橋バルーンの部屋に入ればほっこりすること間違いなしです!

ウィークエンド・ワークショップ

午前の部 10:00~12:00

「カラダで話そう」〜スピーチ上での魅せ方〜

講師:柴田登子さん(2019年全国大会 日本語コンテスト優勝者)

スピーチコンテスト優勝者が実際にしている立ち振る舞い

ステージ上でスターである為の立ち振る舞い、オーディエンスへの見せ方を宝塚歌劇団の映像、スライドでのわかりやすいワークショップでした!

様々な感情表現を例題のシチュエーションでくじ引きで参加者が実戦してみたり

いますぐにでもスピーチに取り込めるひと工夫方法が盛りだくさんで参加者の興味を強く引く内容でした。

そんなことまで考えてスピーチをしていたの!?と驚きの連続で2時間があっという間に過ぎてしまいました!

午後の部 13:00~17:00

論評ワークショップ

講師:大嶋友秀さん(DTM、横浜日吉、馬車道TMC)

論評とは何か・何をすべきなのかを、スクール形式・グループディスカッション・3本のテストスピーチからの実戦形式のインプットからアウトプットの流れがスムーズかつ効果的なワークショップでした。

普段何気なくこなしていた論評、論評があるからこそトーストマスターズが100年近く続いている組織だということにも気が付くことができました。

4時間もの長丁場のワークショップでしたが、いつまでも受けていたいと思えた素晴らしい時間でした!

スピーチも論評も準備、コミュニケーションがなければいいスピーチも論評もできないですね^^

懇親会 17:00~

通算6時間ものワークショップで疲れた頭を冷却するように、ワークショップで聞けなかった話などこういうことがしたい!と話題が尽きずとても充実した時間になりました★

例年行っていた合宿例会の代わりとして企画をした1dayワークショップで、企画運営をした役員にとってチャレンジだった1日でしたが、参加して頂いたみなさんの笑顔、よかったよというお言葉をいただけて安堵の気持ちとこれからもチャレンジしていこうと勇気をもらえました。

受容性の高いクラブ、そして組織で活動できる喜びを大いに感じられました。

第273回例会

始まる前から会場に入った時から雰囲気もよく、和気藹々と元気な印象のまま第273回例会が安定の定刻通りにスタートしました。

開会のM会長の話も季節の話やパーソナルで気になる部分をオブラートに包みながら楽しい開会宣言をいただきました。

そして今夜の司会進行は新橋クラブの父Oさんです。

アジェンダに豆腐小僧という妖怪の画像があり、画像を添付した意図、そして妖怪の説明をしていただきました。

その後の役割紹介では豆腐小僧からメンバーを豆腐料理に例えてOさんが紹介し、みなさん素敵な役割紹介をしてくださいました。

最初のセッションテーブルトピックス

テーブルトピックマスターはベテランのAさん

Aさん独特のリズムでスムーズに進行していただき、シンプルなお題ながら幅広く聴衆が楽しめるものでした。

含蓄で奥ゆかしいAさんだからこそのテーブルトピックスでした。

準備スピーチのセッションでは

CC8,Pathways Lv.4,上級マニュアル2本の豪華ハイレベルなスピーチ4本でどのスピーチも素晴らしく

たくさんの笑い、気づき、勇気をもらえるスピーチでした。

論評のセッションでは

総合論評初挑戦のSさんです。

ベテランとフレッシュなメンバーがミックスして論評が始まる前からとてもワクワクしました。

それぞれがスピーチの見方、考察が素晴らしく論評によってスピーチがより素晴らしいものになったことは間違いありません。

今夜の例会アサインは新橋の伝統を築いてくれたベテランメンバーと、クラブに新しい風を運んでくれるフレッシュなメンバーが作り出すとても素敵な空間・時間になった例会でした。

11月16日土曜日には1日全日のワークショップが行われます。

スピーチ全国大会で優勝したSさんが午前中スピーチのワークショップを

午後には書籍も多数出版しているOさんが論評のワークショップを行っていただけます。

こんな機会滅多にないので、今からワクワクが止まりません!

お時間が合えば、是非いらしてください。

NB合同例会(特別回)

新橋トーストマスターズクラブの例会は毎週第2・第4火曜日ですが、第1・第3火曜日にも同じバルーンでトーストの例会が行われているのはご存知ですか?クラブ名はNew Bridge Toastmasters Club、新橋を直訳した(笑)バイリンガルクラブなのです。

今回の合同例会はそんなニューブリッジとの合同例会。両方に所属している会員も多く普段から仲の良いクラブだけに、和気あいあいとした笑いの絶えない2時間でした。

司会進行はハロウィンの魔女に扮したニューブリッジ会長のSさん!今日も元気いっぱいで盛り上げてくれます。

今回は2クラブの対抗戦ということで、各クラブえり抜きのスピーカーによるスピーチがなんと合計6本!かなり豪華です。
1. 「まるいち」 逆境のその先を見据える人生は素晴らしいもの、という素敵なメッセージでした。

2.「体を鍛えるマシン」 笑い満載の実演販売トーク。価格が高いか低いかは、聴衆の感じ方次第。トーストでは営業力まで磨けるんですね!

3.「やっぱり僕はツイてない」 結局はとらえ方の問題、という結論。全体を締めくくる奥様の超ポジティブコメントには会場爆笑でした!

4.「ご先祖様に感謝」 お墓参りが大好き、から始まり青春時代のエピソードまで、全体的に心温まるスピーチでした。

5.「かぶせる」 今回の最優秀賞を獲得したスピーチ。人の話に自分の思想をかぶせながら聞いてしまった体験を振り返り、改めて「聴く」姿勢を問う深イイスピーチでした。

6.「オセアニアが熱い!」ラグビーワールドカップに世間が沸く中、なんともタイムリー。聴衆をグッと引き込みました。

論評の部
トーストメンバーの成長の原動力ともいえる論評の部も、聴き応え抜群でした。

表彰の部

ベスト論評賞 新橋Mさん(新橋現会長)
ベストスピーカー賞 新橋Hさん(新橋前会長) 笑いあり、学びありのとっても充実した2時間でした。毎週火曜日は、是非新橋ばるーんのトーストマスターズにお越しください!